蛇口からの水漏れトラブルを直す

蛇口付近で故障が発生する場合、もっとも多いのが水漏れです。

トラブルを発見したらどこの箇所が原因なのかを特定し、その原因に合った対処法を模索しなければなりません。よくあるのがハンドルを締めているのに水が漏れ出てくるケースであり、原因はパッキンやスピンドル、カートリッジ等が考えられます。この中でもっとも疑わしいのがパッキンですので、まずはパッキンを新品と交換して様子を見るのも良い方法です。次に疑わしいのはスピンドルですので、パッキンの交換をしても直らなければスピンドルを新品にしましょう。

新しい蛇口の場合、保証期間内で水トラブルを直してもらえるかもしれません。まだ導入したばかりの場合には初期不良の可能性も高く、最初から何か不具合が潜んでいたと考えられるため、自力で直すのではなく購入先に連絡することが大切です。導入後10年以上が経過している場合には、既に寿命となっている可能性大です。

寿命が来ていると今回直しても、再び別のトラブルが発生してしまうため、できれば買い替えを視野に入れて検討してみる必要があります。素人は原因を特定するだけでも時間がかかりますので、元栓を閉めてからじっくり観察するのが良さそうです。元栓を閉めずに調べようとすると焦りますし、段々と水量が増えて水浸しになることもあります。周辺の木材や壁にしみこむとカビの原因になり、嫌な臭いにも悩まされてしまいます。応急処置では、タオルやバケツを上手く活用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *