水を取って健康トラブルを回避するには

これからの時期は熱中症など、水分不足が健康トラブルに直結しやすい時期になります。

そもそも、人は体の60%が水分です。しかし、摂取しても汗や尿として自然と体の中から出て行ってしまいます。体の中でのこの60%というバランスが崩れるとどうなるでしょうか。一番わかりやすいトラブルはそれこそ熱中症です。しかし、それだけではありません。脱水症状以外にもいろいろな害が起こりますし、中には重大な健康に害する症状が出ることもあります。きちんと汗をかいたり、十分な排尿ができなくなります。

結果として体には老廃物がたまっていく一方です。老廃物がたまるということは体の中に錆がたまっていくようなものです。錆がたまれば健康トラブルにも見舞われやすくなります。血液の流れも滞りがちになり、いわゆるドロドロ血という状態になります。このドロドロ血が動脈硬化や脳梗塞の原因になり得ることは周知の事実です。水分摂取は基本的な健康管理の一つと言えます。

さらにあまり知られていませんが、イライラしやすくなるといった害もあります。熱い中というのはただでさえイライラしやすい状況下であるのに、さらにそれに拍車がかかるのです。これは健康だけではなく、人間関係へのトラブルにもつながりかねません。これからの時期に向けて、自分自身の体と気持ち良い人間関係を守っていくためにも、今一度自分の水分摂取の仕方、習慣を見直して体制を整えることは大切なことです。
水のトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *