京都のキッチンの床からの水漏れの主な原因や修理

京都でキッチンの床からの水漏れの主な原因は色々あり、その修理の仕方も違ってきます。

最初にシンク下を確認してみて排水管や止水栓などがありますがそのうちでどこから水が漏れているかを確認します。シンク下は調味料や鍋などを収納していて見えにくい場所で、しっかりと見る機会も少ないです。そのため漏れなどが起きていても発見するのが遅くなることが多く、見つからないときは水を少し出してみてどこからか漏れてないかを確かめます。シンクと排水トラップとの接続部分からの水漏れも京都では多く、修理することも珍しくないです。排水トラップの接続部分はゴムパッキンが付いていて、これは10年から15年が寿命なのでパッキン劣化で漏れが起きます。

ナットの緩みが原因な場合もあり、一緒に緩んでないかも確かめておくと良いです。直し方は、排水トラップを外してからパッキンを交換しますが、キッチンの下から排水トラップと繋がっているナットが2つあるので反時計回りに回して外します。これで、排水トラップが外せますが、外すときは下に引くのではなくてシンクの上から持ち上げます。排水トラップを外すとパッキンが見えるのでこれを交換し、新品を交換するときもゴミなどが隙間に入らないように注意します。排水パイプも京都の水漏れが多発しやすく修理の依頼も多いですが、この部分は排水トラップから排水管へと繋がる部分です。塩ビ管だと排水パイプでビニールは排水ホースで、この箇所はナットの緩みで漏れることもありますがパッキンの経年劣化が原因なことが殆どです。ぽたぽたと漏れているだけで、だんだん水たまりになり床がびしょ濡れになることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *