浴槽つまりを京都で直すなら

京都で浴槽つまりが起こった場合、まずはワイヤーハンガーを使った解消法を試してみると良いでしょう。

排水トラップの部品を外した状態で中を触り、穴が開いている部分にワイヤーハンガーを差し込みます。この時はできるだけ奥までワイヤーハンガーを入れることがポイントであり、中で動かしましょう。つまりの原因である汚れがあまり固まっていない場合、この方法で京都の浴槽つまりを解消することができます。市販の液体パイプクリーナーを使っても解消できなかった場合はこの方法がおすすめです。

京都の浴槽つまりを解消するため、ワイヤー式パイプクリーナーを使う方法もあります。ワイヤー式パイプクリーナーは排水管の掃除のためのアイテムであり、ワイヤーの先端にブラシが付いていることが特徴です。ホームセンターや通販サイトなどで販売されているため、簡単に購入することができます。ワイヤーハンガーと同じように使うことができますが、ワイヤー部が細かく動くので配管の曲がりに対応できることがポイントです。

また、ワイヤーハンガーよりも長いため、より奥につまりが発生した場合でも対応できるでしょう。京都の浴槽つまりはラバーカップで解消できることもあります。ラバーカップは排水口に被せ、何度か吸い上げて使うだけなので簡単です。つまりの原因となっているものを一気に引き抜けることがありますし、汚れを吸い出すことで掃除しやすい状態にできることも特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *