浴槽つまりは京都でもよくあるトラブルのひとつ

浴槽つまりは京都でもよくある修理内容のひとつで、家の劣化などに関係なく発生することがあります。

お風呂を使用する回数や利用者数が多ければ、それだけ皮脂や髪の毛などが排水配管内に入って、付着しやすくなります。お風呂のお湯にバスソルトとか温泉のもとなど、いろいろ入れて使っている場合、トラブルが発生しやすいです。使った後に多めのお湯や水を流して、配管内に成分が残らないようにしていれば回避できますが、粘性が高い液体が残ったままになるとそのまま固まってはがれにくくなってしまいます。

排水口が小さいことが多いから、いろいろなものが付着していると簡単に浴槽つまりが発生して京都に来てくれる修理店に対応を依頼することになります。時間が余り取れない場合は、排水配管を洗浄する市販の洗剤を使うのもいいでしょう。固形やジェル状に液体などいろいろなタイプがあって、汚れの度合いに合わせて使い分けるといいです。

頑固な汚れがついている可能性が高いときには、すぐに流れていってしまうものよりその場にとどまって分解してくれるタイプを選びましょう。剥がれ落ちた汚れでふさがってしまうこともあるため、洗浄した後に一度水を流して、問題が解消しているかみることが大切です。専門会社は配管内を見ることができる内視鏡カメラを持っているところも多いため、原因がわからない浴槽つまりが京都で起きている場合には、原因究明をしっかりと行える会社に依頼して配管内調査を受けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *