京都で浴槽つまりが発生した時の対処法

京都で浴槽つまりが発生した際には、できるかぎり迅速な対処が求められます。

毎日お湯をためて湯船につかる習慣があったり、一人暮らしの人は浴槽の中を洗い場として使っている人も多いものです。使用頻度が比較的高いため、京都で浴槽つまりが発生した場合には早めに対処することが重要です。まず簡単にできることとしては、熱湯とバケツで解消する方法が挙げられます。ぬるま湯や熱湯をゆっくりと排水口の中に流し込んでみましょう。温度の目安は40度から50度ほどです。

排水口に対して真っすぐに流し込むことがポイントです。バケツを使い高い位置から水をたたきつけるように流してみるのもよいでしょう。そして京都で浴槽つまりが発生した際には、ハンガーを作ってみるのもやってみたいことの一つです。ハンガーをまっすぐにのばして、先端部分が排水口に収まる程度にフックを作ると、つまりをよりかき出すことができます。しかしハンガーは金属でできているので、やり過ぎてしまうとその他のトラブルを引き起こす可能性があるため十分に注意しましょう。

家庭にスッポンと呼ばれるラバーカップがあれば、これを使って解消に導くこともできます。ラバーカップは密閉空間の圧力を使って汚れやつまりを吸引するものです。そのため浴槽に水を少しためて行うと吸引力が増強することでしょう。このようにさまざまな方法がありますが、それでも解消しないようであれば、京都の浴槽つまりに対応してもらえる水道修理業者に依頼することでつまりを解消することができるでしょう。無料の電話見積もりなどが利用できるので相談してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *