京都での水道修理の仕方

水漏れなどの水道のトラブルは、思いもしない時に突然起こります。

漏れている水が少量だからと言って放置していると、気が付いた時には床や家具まで修理が必要な状態になっている可能性もあります。被害が拡大する前にできるだけ早く、専門の業者に修理を依頼して直したほうが安心できます。

新築の際やリフォームなどの大掛かりな水道工事は、自治体の指定を受けている指定事業者に依頼して行います。京都市内であれば、京都市上下水道局が適正な施工ができると認めた業者に限られます。水道修理の場合も同じで、京都市上下水道局の指定事業者に依頼する必要があります。簡単な水道修理だからと言って指定を受けていない業者に頼み、基準に合わない工事をしてしまうと後でトラブルになります。小さな水道修理であっても、依頼する際には指定を受けている業者か必ず確認してください。

単水栓や2ハンドルの水栓の水漏れは、パッキンなどの部品を交換することで直る可能性があります。ホームセンターでは様々な種類やサイズの部品が売られています。正しいサイズの部品を購入すれば、素人でも比較的簡単に交換することができます。修理を自分で行う際には、止水栓を閉め水を止めてから行ってください。

近年増えてきているシングルレバー式水栓やサーモスタット式混合栓など、水の温度と量を一つのハンドルで行う水栓の修理は注意が必要です。このタイプの蛇口の水漏れは、内部に組み込まれたカートリッジの故障が考えられます。カートリッジはメーカーにより形状が違い、構造も複雑です。無理に自分で交換するよりも、専門の業者に依頼した方が確実で安全です。
京都の水道修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *