Skip to content

医療機関で受けるレーザー脱毛の特徴

医療機関でのみ使うことができるレーザー脱毛のマシンは照射パワーに違いがあり、脱毛サロンなどで用いられている光脱毛は、法律に則り低出力マシンしか使うことが許されておらず、効果を考えると医療機関にて施術を受ける方が綺麗な脱毛が期待できます。

メラニン色素に反応するマシンが用いられている場合、ムダ毛は1から2ミリほど残っている状態で受けに行くのが良く、エステサロンなどでも自己処理は施術を受ける2日前くらいに行い、後は処理せず施術当日を迎えるように推奨しているところが多くなります。医療機関で用いられているマシンには、毛の色に関係なく毛根部分を含む組織に熱障害を与えることで毛を生えさせなくするタイプもあり、この場合はムダ毛がみえないくらいの長さまで自己処理してあっても効果が期待できます。

レーザー脱毛を医療機関で受けるメリットは、肌のトラブルにすぐに対応してもらうことができる点です。カミソリ負けなどするような肌の人はマシンによる施術の際も肌が影響を受けてしまう可能性が高まるため、医師がいるところの方が安心できます。

毛周期に合わせる必要があるので何度か通う必要性があるのは同じですが、照射パワーが高い分、通う回数も減らせる可能性があります。医療機関のレーザー脱毛は冷却しながら行っても、脱毛サロンで受けるよりも痛みを感じやすいマシンですが、その分クリーム麻酔や笑気麻酔などを用いて痛みを感じさせないようにすることができます。

銀座でしわ治療するならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です