Skip to content

美容皮膚科とはどんなところ

最近、テレビや雑誌などで美容皮膚科をよく耳にしたり目にしたりしていますが、一般的な皮膚科と何が違うのかと思われる方も多いことでしょう。

双方ともに、医師による治療を行なうことは同じです。一般的な皮膚科は湿疹やにきび、水虫などの皮膚病といわれる疾患を治療を行ない、それに反し美容皮膚科では、美肌に関する専門の医師やスタッフのカウンセリングのうえ、肌に対するトラブルやコンプレックスなどを最先端の機器を用いて治療を行ないます。そのため皮膚科では病気を治し、美容皮膚科では、より美しい肌を作るといった違いがあります。

このほかに何よりも大きな違いは、皮膚科では保険治療ですが美容皮膚科では、一般的には自由診療となるため自費となり、治療費には買う施リング料金などが含まれています。にきび治療であっても、皮膚科ではにきびだけの治療にとどまりますが、にきび治療をしながらにきび痕や開いた毛穴なども綺麗にしていき、肌そのものも綺麗に改善していきます。

美容整形とも異なり、メスを使わずにしわやしみ、たるみなどの肌に対するコンプレックスやトラブルを改善していくため、入院などの必要もなく、治療が終わればそのまま帰宅できるのも特徴のひとつです。また、それぞれによって違いますが、美容皮膚科の場合には、病院などのような雰囲気ではなく、治療に来たのを忘れてしまいそうなくらいな、ゆったりとリラックスできるインテリアとなっているところも多いことも特徴といえるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *